マンションのローンを組む前に知っておきたいこと

マンションを購入し、ローンを組む場合に気を付けておきたいポイントは何でしょうか?もちろん購入する物件の価格も重要なのですが、総支払額に影響する大きなポイントが二つあります。それが頭金と金利です。

マンションのローンを組む際に重要なポイントの一つなのが頭金です。例えば4千万円のマンションを購入するとして、頭金を1000万円用意していた場合と、全く用意していなかった場合、どのくらいの差が出ると思いますか?金利によっても差額が変わってくるのですが、35年ローンの3%固定金利の場合トータルで500万円以上の差が出ます。

現在は頭金なしでも購入できるマンションが増えてきているのですが、頭金を用意して借入金を減らすことで、トータルの支払額を減らすことが出来ますし、金利の面でも優遇されるケースもあります。

また、金利についてですが変動型と金利固定型の2種類があります。一般的に金利固定型よりも変動制のほうが支払い当初の金利は低く設定されています。そのまま低い状態が保たれるのであれば、トータルの支払いは少なくなりますが景気の状態によって、金利が上がる危険性も秘めています。変動制は景気によって支払金額が左右される不安定性があるので、その時の経済状況によって選ぶ必要があります。


Leave a Reply